BLOG

ブログ・挙式レポート

月別: 2020年12月

 

 

【年末年始営業に関するご案内】

 

誠に勝手ながら、弊社は
2020年12月28日~2021年1月3日までの期間、
年末年始休業を頂戴いたします。
 
期間中のお問い合わせ・ご連絡につきましては
2021年1月4日以降に順次必ずご対応させて頂きます。
お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒宜しく
お願い申し上げます。
 
本年中のご愛顧に心より御礼申し上げます。

 

株式会社スタジオゼロ

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

新しい時代が幕を開けることとなった

2020年☆

 

ウェディングスタイルにも変化が起き、

制限のある事態の中でも、最善をつくしながら

今年も たくさんの新郎新婦様にご愛顧いただき

ました☆

 

ご縁をいただいたみなさま、スタジオゼロを

数ある中からお選びいただき 誠に ありがとう

ございました☆

 

 

 

 

2020年は、一生に一度の大切な節目を

迎えられるお二人に、今こそ 私たちが

サポートできることがある!と感じた1年

でもありました。

 

神社挙式は、これからの新しい生活様式にも

適応しているからです◎

 

もともと、神社で執り行われる神社挙式は、

列席できるのは親族のみの神社さんも多く、

ご両家のご縁を結ぶという意味合いが本来の為、

そもそもソーシャルディスタンスを確保された

儀式であるのです◎

 

今のこうした状況下にあっても、

大切なご家族の皆さまと、

お近くの神社にて、

挙式を執り行う事も可能なのです◎

 

そんな大切な方達と過ごし、ご両家の

家族の縁を固め、結ぶ儀式である神社婚を

最前線でサポートできるのが私たちです◎

 

 

今後も この状況下にも 揺らぐことのない

和婚・神社挙式は、ますます人気が

高まっていくことでしょう◎

 

 

2021年も、少しでもみなさまに

寄り添いながら人生最良の門出の日を

サポートさせていただけたら幸いです☆

 

 

これからご結婚をひかえられるお二人にも

影響が 少なからずあったかもしれません。

しかし、これからのアフターコロナの

世界をしっかり前を見て見据え、来る

2021年も 一層前進していただけたらと

願っています◎

 

 

2020年も ありがとうございました!

2021年も よろしくお願いいたします◎

 

 

 

株式会社スタジオゼロ

奈良神社婚

 

 

_0322

 

 

 

 

 

 

 

”和婚”にちょっと興味はあるけれど、

「挙式ではどんなことをするの?」

「和婚挙式のことはよく知らないし・・・」

そんなあなたへ、和婚=神前式を少しずつ解説☆

 

古式ゆかしい神前式の世界をのぞいてみましょう☆

きっと、もっと、憧れの和婚があなたに近づきますよ◎

 

 

神前挙式(儀式)を学ぶ☆①

神前挙式(儀式)を学ぶ☆②」も併せてご覧ください

 

 

前回からつづきまして、

 

5.三献の儀に続くのは

6.誓詞奏上(せいしそうじょう)です☆

 

jinja_0572

 

新郎新婦様が御神前に進み、誓いの言葉を

読み上げます☆

 

お二人ご一緒に読み上げたり、新郎様が

読み上げたのち、最後に新婦様がお名前だけを

読み上げたりと、神社さんによって

その読み上げ方は異なります☆

 

 

次は、7.指輪交換の儀です☆

 

jinja_0556

 

神前挙式でも、指輪の交換ができますよ〜◎

 

三方に指輪を載せて持って来て下さり、まず新郎様が

新婦様の左手薬指に指輪を、次に同様にして新婦様が

新郎様へと贈ります♪

 

 

その後

8.玉串奉奠(たまぐしほうてん)へと移ります☆

 

jinja_0647

 

新郎新婦様が御神前に進み、

「これからお二人をお守りください」という

祈願を込めて、神様に玉串を捧げます☆

 

玉串は、榊(さかき)の枝に紙垂(しで)を

つけたもので、神道には欠かせないものです☆

 

この玉串は、『たましい(魂)のくし』に

由来しています☆

 

“真心を込めてお祈りをした後、そのお願いを

確実なものとする為に、玉串に自分の心(魂)を

のせて神様に捧げる”というのがこの儀式です。

 

玉串をお供えした後は、二礼拍手一礼をします☆

 

続いて

媒酌人様、ご両家ご代表様と続いて奉奠します☆

 

もちろん玉串奉奠のお作法も、事前に丁寧に教えて

頂けますのでどうぞご安心下さいね◎

 

 

 

本日ご覧頂いた内容の流れをまとめますと、

「先の誓詞奏上で決意を表明し、この玉串奉奠で

神様にお願いする」という事です☆

 

儀式のひとつひとつにも意味が込められていて、

日本の結婚式はとても尊いものだと

ぜひ知っていただければ 嬉しいです☆

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

神前式の儀式を1つひとつ

前回から引き続きご紹介していきます☆

 

 

 

3.修祓の儀のあとは

4.祝詞奏上(のりとそうじょう)に移ります☆

 

jinjakon_0533

 

斎主様がお二人のご結婚を報告し、ご加護を

お願いする「祝詞(のりと)」を奉ります☆

 

祝詞とは、神前に奏上する詞(ことば)の事です◎

 

神様と人とを取り持つ役目として、お二人の気持ちや

願いを神様に伝えて下さいます☆

 

「結婚」は「家」と「家」とを結び付けるのが結婚

であるという考え方に基づき、ご神職と巫女さまが

ご両家の縁をここで結んでくださるのです☆☆

 

 

 

その次には、5.三献の儀(さんこんのぎ)があります☆

 

_jinjakon_0281

 

御神前にお供えをしたお神酒が、巫女様から新郎

新婦様へ、まず小盃に注がれ飲み干します☆

 

小盃で新郎様から新婦様、中盃は新婦様から新郎様、

大盃では新郎様から新婦様へと、交互に各3回ずつ

計9杯を飲みます☆

 

盃にはそれぞれ、

小盃:『ご先祖様への感謝』、

中盃:『お二人の誓い』、

大盃:『子孫繁栄の願い』という意味合いがあります◎

 

飲む順番など、すべて式の前に丁寧に教えて頂けます☆

ご安心下さいね!

 

 

御神酒とは、「神様のお力が加わったお酒」です☆

 

この御神酒を飲む事は“神様のお力をいただく事”になり、

お二人でそれを飲む事で「絆が深まる」とされていて

ご夫婦の契りを交わす儀式が、この「三献の儀」となり

ます◎

 

 

事前に少し式の流れを知っていると当日も緊張せず

いられそうですね!

 

(つづく)

 

 

 

 

News

2020.11.01

12/28〜1/3は冬季休業期間とさせていただきます。

2020.04.07