BLOG

ブログ・挙式レポート

 

 

奈良神社婚に必要不可欠な「和装」☆

 

これをお召しになる上で  必ずと言っても良いほど、その色や柄に注目して

 

当日のお衣装を選ばれる事と思います☆

 

 

着物の文様には、全て「何らかの意味が込められている」ので、その意味を

 

ご存知ですと、よりお衣装選びも楽しくなります♪♪^^

 

 

そこで今日は、文様をひとつ ご紹介致します☆

 

文様の中でも、とりわけ”おめでたい”文様に「吉祥文様」と呼ばれるものが

 

あります☆

 

本日は その中でも 「鶴」の文様について ご紹介します^^

 

__くれない華衣

 

 

鶴は、私たちにとって馴染み深い文様でもありますね^^

 

どんな模様か、どなたもすぐに想像できる絵柄ですね☆

 

婚礼のお衣装には 鶴文様が 本当によく使われています◎

 

それはなぜなのでしょう?

 

201807_ame_0479

 

 

鶴は、「延命長寿の象徴」とされています☆

 

「鶴は千年、亀は万年」と言われるように、長生きを象徴するのです☆

 

そしてまた、鶴は生涯つがいで生活する事から「ご夫婦仲睦まじい姿の象徴」でも

 

あります☆

 

このような縁起のよい意味合いを込めて、そして、品格にあふれたその美しい姿から

 

多く用いられてきたのだそうです☆

 

 

同じく吉祥文様でもある 松や亀、瑞雲などと 組み合わせられている事も多いです☆

 

こうした鶴の中でも頭頂部が赤い「丹頂」は 日本を象徴する美しい鳥であり、

 

婚礼衣装には 特に多く見られます☆^^

 

色打掛だけでなく、白無垢にも 鶴文様がたくさん用いられていますよ☆☆

 

__くれない華衣__

(奈良店衣装:色打掛  くれない華衣)

 

 

文様には、縁起の悪いものは存在しません☆

 

様々なものを具象化して意味を見出し、人々はそれを文様として お着物にその想いを込めました^^

 

その文様と秘められた想いには日本人の感性・美意識、また時に、日本語ならではの”言葉の

 

遊び”が存在しています☆☆

 

 

和装には、魅力がいっぱい詰まっています^^♡

 

ぜひ実際に羽織ってみてください☆

 

文様にこめられたその意味を 感じてみてくださいね^^

 

 

 

 

»Instagramも更新中!

»春日大社や橿原神宮などでの結婚式に198000円で揃う奈良神社挙式セット

News

2018.1.6

2018年挙式のお客様のご予約受付中です。