BLOG

ブログ・挙式レポート

月別: 2018年3月

 

 

前回の記事はこちら

 

 

往馬大社での奈良神社婚☆☆

 

挙式は 滞りなく進み、誓詞奏上の次は「指輪交換の儀」です☆☆

 

1801_narajinja_0463

 

神前式でも 指輪交換ができる神社さんがほとんどです☆

 

三方に指輪を載せて持って来て下さり、まず新郎様が新婦様の左手薬指に指輪を、次に同様にして新婦様が

 

新郎様へと贈ります♪

 

 

 

 

 

つづいて「玉串奉奠」☆☆

 

お作法については挙式の前に練習しておくことが可能で、挙式の際にも 横でそっと導いて下さいます☆

 

1801_narajinja_0477

 

新郎新婦様が御神前に進み、「これからお二人をお守りください」という祈願を込めて、神様に玉串を捧げます☆

 

玉串は、榊(さかき)の枝に紙垂(しで)をつけたもので、神道には欠かせないものです☆

 

この玉串は、『たましい(魂)のくし』に由来しています☆

 

“真心を込めてお祈りをした後、そのお願いを確実なものとする為に、玉串に自分の心(魂)をのせて神様に捧げる”

 

というのがこの儀式です^^

 

1801_narajinjakon_0490

 

媒酌人様、ご両家ご代表様も 玉串を納めます☆

 

1801_narajinjakon_0505

 

 

こうして神様へのご挨拶の儀式が済みますと、「親族固めの盃」という お二人とお二人の家族を

 

ひとつに結ぶ儀式が行われます☆

 

1801_narajinjakon_0514

 

盃に御神酒が注がれ、ご両家のご親族全員で一気に飲み干します☆

 

この事で、ご両家が「親族として固まった」事が意味されます^^

 

お二人がご結婚なさる事で、そのご家族の皆様が「親族」となっていく、“人と人とのつながり”の始まりの儀式

 

です☆^^

 

こうした 目に見えないもの=つながりを慈しみ、それを形(儀式)として表すところがなんとも

 

”日本らしい”と言いますか、尊ささえ覚えます☆

 

1801_narajinjakon_0531

 

厳かな空気に包まれ、お二人の挙式が こうして結ばれました☆

 

 

1801_narajinjakon_0534

 

 

神前式という日本の伝統的な婚礼は、お二人と家族の皆様の絆がさらに深まる挙式です☆

 

 

 

 

 

いつまでも末永く、お幸せに♡♡

 

 

 

 

 

 

 

»Instagramも更新中!

»春日大社や橿原神宮などでの結婚式に198000円で揃う奈良神社挙式セット

News

2018.1.6

2018年挙式のお客様のご予約受付中です。